Flow

依頼の流れ

ご相談はお電話かメールまたはホームページから

解決できない困りごとやひとりで抱え込んでいる悩みはありませんか。表面では普通に振る舞っていても、いざ自宅でひとりになると悩みに押しつぶされそうになって辛い。そんなときにはぜひご連絡ください。ひょっとすると、心の病の発症から一歩手前の状態かもしれません。精神疾患に特化した在宅支援サービスを提供しています。お電話やメールそしてホームページにもフォームがございますので、どちらからでもご相談いただけます。

Step 1

お問い合わせ

誰に相談したらよいかわからない場合は、まずは「こころのあい」へ直接ご連絡ください。

Step 2

サービスの内容・手続きの説明

訪問看護の内容、主治医から発行される指示書などの説明をさせていただきます。

Step 3

Step 3

通院先の病院・クリニックの主治医に「訪問看護を希望」と伝えてください。
※主治医がいない場合はご相談ください。

Step 4

訪問看護の開始

訪問看護指示書が準備できましたら、訪問看護を開始させていただきます
曜日、時間帯などの希望を確認し訪問させていただきます。

ご利用するかどうか悩まれている方は、 「こころのあい」までご相談ください。
ご相談は無料です。
お受けした相談の秘密は守られますのでご安心ください。
お気軽にご相談ください。

New inquiry

新規お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

は必須入力項目です。

氏名
フリガナ
電話番号
住所
-

住所
E-mailアドレス
E-mailアドレス(確認)
お問合せ内容

定期的に開催している無料相談会が出席者様に好評です

ご自分の悩みや困りごとについて「まわりに相談できる人がいない」「今の状況からなんとか抜け出したい」「これからどうすればいいのかわからない」「電話やメールまたホームページでは顔が見えないから不安」という方には定期的に開催する「こころのあい無料相談会」をお勧めします。

ご本人様とご家族様が参加でき、相談の内容は疾患のことや対人関係について、日中の過ごし方など気になることは何でもご相談いただけます。約1時間としっかり相談時間を設けております。
お受けした相談の秘密は守られますので安心してお話しください。
訪問看護を利用するかどうか迷っている方もご相談は無料ですのでお気軽にご連絡ください。
無料相談会の開催日時はブログのページでお知らせいたします。

*当面はコロナ禍につき無料相談会を控えさせていただいております。状況が改善しましたら定期的な無料相談会を再開してまいります。

ご本人様やご家族様からのご依頼をお受けします

総合失調症やうつ病といった精神疾患を抱えながらの日常生活に不安がつきまとう方も多いのではないでしょうか。
入退院を繰り返してしまう、これまで再発してしまったことがある、家族や友達とうまくいっていない、ひとりでいることが寂しいなど、なにかひとつでも当てはまれば訪問看護の利用を検討してみてはどうでしょうか。
訪問看護では、利用者様のより良い生活を目標に訪問する看護師と一緒に取り組んでいきます。

新型コロナウイルス感染症の流行や世界各地での異常気象など不安定な世の中であるからこそ、ひとりで抱え込まずに訪問看護や様々なサポートを頼ってみてはいかがでしょうか。

医療機関・福祉機関の新規依頼をお受けいたします

2020年8月開設以降、多くの医療機関、福祉機関の方々と関わらせていただきました。(*2022年7月末時点 ・50ヵ所以上の病院、クリニック ・50ヵ所以上の福祉機関 ・4つの家族会)

病院、クリニック等のPSWの方 退院後に訪問看護を検討されている患者様は、ご要望があれば入院中に病院等で面談をさせていただきます。退院後の受け皿として訪問看護を活用ください。服薬管理、近隣とのトラブル調整、通院継続、家族関係の調整等を必要なサポートを行わせていただきます。

福祉機関の方 退院前や現在在宅で生活されている方など臨機応変に対応いたします。訪問看護を希望される方については、一緒に同行させていただき訪問看護サービス等の説明をさせていただきます。

家族会の関係者 さいたま市の家族会の方々には開設当初、訪問看護サービスの説明させていただく機会を設けていただきありがとうございました。必要であれば再度お伺いいたします。

対象疾患 統合失調症・うつ病 (ステーション利用者様の約9割)*その他の疾患についてはご相談ください。
対象エリア さいたま市浦和区を中心に半径5キロの範囲 
*詳しくはサービス内容の項目から訪問可能範囲をご参照ください。